ついでにfail2banを入れてサーバーの防御力も上げてみた

以前はblocksshdとか使ってたけど最近は動かなくなってたのでポート変更で対応してた、色々やるついでに fail2ban を導入して smtps の防御も追加。

fedoraの場合は簡単に導入できる
dnf install fail2ban
systemctl enable fail2ban
vi /etc/fail2ban/jail.local
ファイルには以下を記入
[sshd]
enabled = true
bantime = 600
findtime = 10
maxretry = 1

[postfix-sasl]
enabled = true
maxretry = 10
findtime = 60
bantime = 1800

ここまで
systemctl start fail2ban
完了

設定値はまだ結構適当なので運用しながら調整していく。

4×4 BOX 4800Uを買ってサーバーを入れ替えた

しかし届いたときはあまりの軽さにびっくりした、
私が今まで買ったPCの中でも一番軽い、もう少し重くて大きいものだと思っていたのに、めちゃくちゃちっさいし軽い。
面積は10インチタブレットよりも小さい。

JEDEC準拠のDDR4-3200 8GBを2枚、
PLEXTERのPX-512M9PGN+(NVMe SSD 512GB)
あとはロジテックの無線キーボード、
マウスはあんまり使わずに放置してたロジテックの無線があったのでそれを使う。
Unifyingの設定はWindowsでやった、LinuxからもできるらしいのだがWindowsでやったほうが簡単だし。
4Kディスプレイを買って余ってた飯山のWUXGAがあったのでそれとDP接続。

ちょうどFedora 34が出たばかりということもあるのでこの際ゼロから構築しなおして設定とかデータだけ移動することにした。
なにしろ初代Fedoraの頃からずっとアップグレードで使っていたのでゴミが溜まりまくってたり、一部設定とか形式古くて更新しろと怒られたりするのでw

パワーマネージメントのせいかログインプロンプト出て数秒で画面がフェードアウトする。
ディスプレイのメニューボタン押すと復活するのでどうやらディスプレイ側の機能で消えてるらしい、Linux側で省電力系の機能をオフにしたりいろいろやっても解決できず・・・
まぁせっかくAPUだし使ってみようということでGUI起動に設定してみたところ問題なく動作してる。

最新OSだけあって2.5GbEもデフォルトで認識してる、無線LANのAX200もそのまま認識、音も鳴ってる、ハードウェア関連は何もしなくても全部使えてるっぽい。
Vega8ももちろん認識されてる、AMDのドライバはカーネルにマージされてるので楽ちん。

dns、web、メール、dhcpdがほぼ問題なく動かせるようになったので完全に入れ替え、あまり使わないデータ類はまだ旧サーバーにあるので暇を見てコピーしていく感じ。

さすがZen2APU、SandybridgeなXeon 1260Lに比べてクロックめっちゃ低いしTDPも20Wくらい低いのにブーストしなくても性能は倍以上、CPUの処理性能は大幅に上がったので大満足、
SSDのほうはベンチしてみてもそんなに速くなってない感じ、
SATAからNVMeだからもっと差があるかと思ったんだけどな。

サーバーのハードウェア更新を検討中

まだ普通に使えるし、別に今すぐ更新が必要なわけでは無いのだけど、
結構長期間使ってるのでそろそろ新しいのにしようかと検討中、
Xeon E3 1260L初代なんでさすがにかなり古い、
OSもずっとアップグレードで使ってきてるので一回クリーンインストールから構築し直してゴミを減らしたいとか色々ある。

今検討中なのが
ASRock 4X4 BOX AMD Ryzen™ 7 4800U
性能はかなり上がるし消費電力も減る、そしてコンパクト。
これにメモリ8GBx2と512GBくらいのNVMeSSDを搭載しようかと、
メモリは今と同じ容量、SSDは倍増になる、今は256GBのSSDで70%ほどを使用してる状態。

RADEON 6900XTのドライバが急におかしくなった

昨晩シャットダウンしたところまでは特に問題なく動いていたのだが・・・
今朝起動したらいきなりクソデカ文字画面、
何事!?デバイスマネージャを開いてみるとRADEONにマークが、
「デバイスを移行できませんでした」とかいうエラーが出ている。
マジで何もしてない、もう訳がわからないよ。

で、色々と試してみる。
0.主電源OFF、数十秒放置→効果無し、高速スタートアップ的なモノは全て無効にしてあるから効果ないのはわかってたよ、とりあえずお決まりだからやってみただけ。
1.ドライバを入れ直し→効果無し
2.別なバージョン(WindowsUpdateのものも含む)のドライバをいくつか試してみる→効果無し
3.ReSizeBarをOffにしてみる→効果無し
4.別なドライブにインストールしてあるだいぶ古いOS(X399の時移植したNVMeSSDに緊急用としてそのまま残してた奴)で起動してみる→WindowsUpdateのドライバで問題なく認識した

ここでOSが原因と言う事がわかった、6900XTの故障じゃなくて良かった、今修理に出したらいつ戻ってくるかわからないし。
予備の5700XTとVega64あるから使えなくなると言う事は無いけども。

と言う事でOS修復作業に。
1.定番のDISM/SFCコンボで効果無し、破損ファイルはなかった。
2.chkdsk、問題なし・・・
3.直近のWindowsUpdateをいくつかアンインストールしてみる→効果無し

最後の手段、禁断のOS上書きインストールだ!
もの凄い時間かかるのでやりたくはなかったのだが、もうこれくらいしか手段が無い。
これで午前中潰れちゃったよ、これで治らなかったらどうしたものか。

何度か再起動、1時間くらいひたすら待つ・・・
あれ?なんか起動早くなってないか?
今まではログイン後に数秒間ブラックアウトしてたんだがそれがなくなった!
で、ドライバはちゃんと動いてるのか?ドキドキ

ミッションコンプリート!

無事動くようになった、やはりOSがおかしくなってたみたいだな、
しかし一体なにがどうなってこうなったのかがさっぱりわからない、
昨日は普通にDyson Sphereを建造してただけでおかしな事はしてないはずなのだが。

まぁ治ったからいいか、なんか若干動作が軽くなったような気もするし、
プラシーボ効果な可能性はあるけど。

キッチンの照明をLEDにした

60W相当T形のパルックボール(電球型蛍光灯)4つだったので同じスペックのLEDにした、Panasonicは高かったので東芝のものに、
他のメーカーはもっと安いんだけど一応自分的にある程度信頼できるメーカーにしておいた。

点けてすぐに明るくなるのはいいね、
蛍光灯型はどうしても点けてから明るさ最大になるまで時間がかかってしまうし、
同じ60W相当でも明るく感じる、
まぁ9年使ってたから蛍光灯のほうは劣化してたというのはあるかもだけど。

コジマPayPayモールで買ったんだけど・・・、
出荷メールから2時間も経ってないよ、
佐川の履歴だと集荷が昨日の夜になってるから翌日ではあるんだけども、
来ると思ってなかったからびっくりしたよ。

AQUOS Sense 4 Lite悪くない

最初はサブなら安いのでも良いかとコレを選んだのだが、
先日のPixel3電池事件があったのでコレがメインのスマホになってしまった。
しばらく使ってみた感想としては、普通に使えるじゃん、というもの。
SB/Rakuten両方の電話もSMSもそのまま受け取れるし、SB側のモバイルデータだけオフにしておけば余計な料金もかからない。
そういやキャリアメールの設定してないな、まぁ使わないからどうでも良いか。

馬鹿高いハイスペックなスマホ必要ないな、少し前なら安価なものは性能不足で普通に使うのも結構ストレスがあったが、
今の性能なら安価なものでもほとんどストレスなく使えるようだ、
重いゲームとかしなければ、まぁスマホでゲームなんてほとんどやらないしな。

さすがにPixel3に比べると少し遅いと感じる部分はあるけども、比較しなきゃわからないレベル、許容範囲だ。

次からはそこそこ安いのでDSDV、できればeSIM対応、というので選ぶ事になりそうだな。

PIXEL3の電池がまた膨らんだ

今朝気が付いたのだが、今回はかなり酷い、
2ヶ月近く緊急事態宣言に伴うテレワークで通勤してなかったから気付くのが遅れたからか。
もう両側のケースが持ち上がってボタンがある側は電池が見える状態になってる、
前回はここまでじゃなかった。
修理に出したのが去年の2月末あたりなんでそこからほぼ一年、
ちょっと早すぎないかね・・・

とりあえず、先週Rakuten契約してSense 4 Liteを購入してたのでそっちにSIMを移植、
楽天はeSIM、メインを楽天側にしてソフトバンクのモバイルデータはオフに、
Suicaとか電子マネー関連の引き継ぎ作業で半日くらいかかっちゃったよ・・・

まぁでもこれでPIXEL3は持って歩かなくて良くなったので荷物は減るな。

Rakutenの契約してなかったら面倒な事になってたかもしれん。
その辺りは不幸中の幸いというか、今気が付いて良かったよ、
出社する時になって気が付いてたらかなり厄介だったな。

php8に更新してみた

WordPress本体は対応していてもプラグインが未対応の物がある、
php-code-widgetはエラーになるので削除、今は使ってないし。
wp-optimizeはcssの処理が有効になってると表示がおかしくなるのでそこだけdisableに。

うちの環境だと今の所はそれくらいかな、とりあえず上記以外に目立った不具合は見当たらないのでこのまま運用してみる。

追記:
wp-optimizeはminify関連全滅か?
javascriptのminifyもdisableにしないと画像が表示されなくなってた。
しかしなんだこれ、管理者でログインしてると表示されるんだよね・・・
ログインしてない時だけ表示されないから気付くのが遅れた。

ASUS XG-C100Cもイマイチか・・・

どうやら起動時に認識されるまで、というかドライバーが有効になるまでの時間が異常に長いらしく・・・
iscsiなんかよりも後になってるのでたまにドライブが接続されないという問題が、
手動で強制切断してから接続すればつながるんだが。

この辺りはOS側のiscsi処理にも問題ある、再接続中とか言ってしばらく待ってもぜんぜん再接続されないし。

たまに接続が切れるという問題もあったけど、それはファームウェアアップデートで解消されたようだ。

それでもiscsiの問題があるから快適に使える状態とは言い難い。

しかし代替になるようなものがないな、後はIntelか、2.5GbEのなら安いから後で試してみるのもアリかなぁ、でも後々の事も考えて、できれば5GbE以上使えるのが欲しい、Intelのだとその辺はお高いのよね・・・

結局2.5GbEも色んな意味でまだまだ敷居が高い、
ちょっと不具合多すぎである、こんなもん一般人には勧められない。

あーでも初期化が遅いとかはiscsiみたいなものを使わない人には関係ないから問題ないと言えば問題ないのか。