Windows8をインストールしなおした

どうにも調子がおかしかったので今度はUSBメモリからEFIインストールをやってみた。

Windows8 結局 EFIモードでクリーンインストールする事に

で「らしい」としか書いてなかったのは実際に試してなかったから。
試してみたらあっさり、EFIインストールなら特殊なツールは必要ない。

1.エクスプローラーからFAT32でフォーマットする
2.Windows8のISOをマウント(Windows8からはOS標準でISOをマウント可能になった)
 ここはまぁdaemon toolsとか7zipとかwinrarでも、ISOの中身が読めればなんでもいい
3.マウントしたドライブの中身を全部USBメモリに放り込む
4.インストールに必要なドライバがあればあらかじめUSBメモリに入れておく(arecaのRAIDドライバ等)
5.再起動してUSBメモリからEFI起動
 ここは機種毎に違うと思うが、ブート項目にEFI~的なものがついてるUSBメモリから起動する
6.普通にセットアップ

こんな感じ、ただセットアップしなおしたらWindows7が起動できなくなった。
修復とかいろいろ試してもうまくいかず、セットアップからやり直しかな・・・

とりあえず UniXonar 1.64 が動くようになったのと、モダンUIアプリがちゃんと動くようになった。
モダンUIのほうはeset smartsecurity が原因かなぁ、
入れなおす前はWindows8アプリの許可設定が出てこなかったんだよね・・・
あと実験でいろいろ入れてたからそのせいで挙動が怪しかったというのもあるだろう。

コメントを残す