ATOK2011、なんか改悪されてるぞ・・・

ATOK2010と比べて悪くなっている部分を並べてみた

いきなり信Onではまる、日本語入力できない、
これは”テキストサービスを使用しない”で回避できたようだ、
あと変換精度が格段に落ちてる、おそらく学習させていけば改善されるのだろうけども。

次にATOK Sync、これ最大級に悪くなってる、
1.自前のWebDAVサーバを指定できなくなった、iDisk以外は使用できない(そこまでして金取りたいのか?)
2.自動で同期する際にフォーカスを奪う、フルスクリーンでゲームとかしてるといきなり切り替わるので迷惑この上ない。

2に関しては手動で同期するようにすればいいだけなんだけど、
バックグラウンド動作のアプリでは当たり前のことを全くできていないというのはどうなのよ、
ちゃんとデバックしてるのか?
そこらのフリーウェアにも劣る劣化ぶり、おまけ扱いだから適当に作ってるとかそういう事か?

前から思ってた事ではあるが、
ファイル転送専用アプリでなんでWebDAV使ってるんだ?
sftpとかのほうが効率良いんじゃないのかね?

2010までの出来はおおむね満足できてたから2011も予約で購入したが、
こんなに劣化してるとなると2012は様子見てから買うかもしくは買わないというのを考えないといけないな。

コメントを残す