なんとなくC#をやってみる

とりあえず適当にメニュー作って解像度切り替えとか、
ドロップした画像ファイル表示するようにしたりとか、
色々試している。

今までBASIC,アセンブラ,C,C++,PHPなんかやってたわけだが、
ちょっと衝撃的だったのが #include が無いって事、
全体にわたる #define なんかはコンパイルオプションとして渡すしかない・・・
というのはちょっと面倒かも。

あとはWindows APIなんかは自分で定義してやらないと呼び出せないとか、
それ以外の部分は基本的にC++と大差ない感じ、
UI書くのはC++よりかなり楽なので低レベル部分はC++で書いてUIはC#で、
なんていう組み合わせはいいのかなと思った。

Windowsのプログラムは趣味でしか書かないからゆっくりやっていこう。
ああ、一応仕事でもツール類は書くけどほとんどCUIだからC++のほうが扱いやすいんだよね。
C#使いこなせるようになればその辺の幅も広がるか。

追加:
ああ、これJAVAも似たようなもんなのね、Android SDKちょとやってみてわかった。

コメントを残す