RADEON R9 290Xが意外と安くなってるみたいなんで秋葉原行ってみた

某巨大掲示板で47,800になってると言う情報を掴んだので昨日仕事帰りにちょっと寄ってみた、
結果、1店舗だけその値段で売ってるところ発見、
ものはPower ColorのリファレンスクーラーOC版+BF4、
(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!、OC版でこの値段?しかもBF4付き?(私はやらないけどw)
更に、並行輸入品とかではなく、正規代理店の1年保証付きです。

5万切ったら買っても良いかなと思ってたのでそのまま買ってきた。
しかし・・・軽くベンチしてみたら結構さんざんな結果ですよ?

左が Cinebench R15、右が信Onベンチ

HD7970似非Ghz Cat 13.12 116.32 456
R9 290X OC Cat 13.12 114.57 445
R9 290X OC Cat 14.1B1.6 110.63 430

なんだこれ、全部 HD7970以下じゃないか、
間違えて R9 290 でも買ってきたかとGPU-Zで調べてみてもスペックは間違ってないし・・・

なんつーか、特定の負荷かかるようなゲームじゃないと本領発揮してくれないとかそういうのですか?
まー、プラシーボかもしれないけどOSの挙動が少し軽くなったような気がするからよしとしよう。

ちなみに、メモリはHynixでした。

ddu使ってから14.1b1.6入れ直した結果、
cinebench 109.94 信On 440
ぐぬぬ、信Onは少し持ち直したけど cinebench 下がったどういうことだ(ノ∀`)

ついでにちょっと実験、MS標準ドライバで信Onベンチしてみた結果 204!
アクセラレーション全く無しでこの数値か、
10年前くらいのゲームなら普通に遊べちゃいますね。
ドライバ入れないとか普通はやらないだろうけど。

追記:
GPU-ZとタスクマネージャーでGPU/CPUのモニタリングをしてみたところ・・・
やはり本気出してないようだ、信OnベンチではGPU30%前後、CPUは1コアのみ90%程度の使用
cinebench r15ではGPUは一時的に100%行く事もあるけど70%未満がほとんど、CPUは3コアくらい使ってるみたいだけど一つが100%くらいになってるからCPUがボトルネックになってるみたいだ。
しかし・・・i7 3960X@4.3GhzですらCPUがボトルネックってのもなんだかな・・・

ちなみに信On HD版で混んでる狩り場に行ってみたところ、
明らかに前よりも軽くなってる、変えた意味はあったようだ。
それでもGPU使用率は40%とかそんなもの、
メインの使用目的である信Onが快適になったので47800円出した価値はあったかもしれない。

コメントを残す