USBメモリを使ってWindows8をUEFIでインストールする方法

あまりにもこのキーワードで検索してくる人が多いので簡単な手順をまとめておく、

1.USBメモリをFAT32(NTFSやexFATだとだめ)でフォーマットする

2.Windows8のDVDかISOイメージの中にあるファイルをそのままUSBメモリに放り込む(ブートレコードを書き込む必要はないので特殊なツールは不要)

補足:Windows8であればISOの直接マウントが可能、
それ以外の場合はdaemon-toolsのような仮想ドライブを使用するか
7-zip等のISO対応のアーカイバで読みだすことが可能です。

3.ここはマザーによって変わるが、ASUSマザーなら起動時にF8を押してブートメニューを出すかF1でUEFI画面に入る

4.UEFIとかEFIとか書いてあるUSBデバイスから起動(UEFIと書いてない場合は何かが失敗してる、またはUEFI非対応マザー)

あとは普通にインストールするだけ、

私の経験からの注意点として
メモリカードスロットがある場合メモリカードは抜いておいたほうが無難
インストール時はUSBデバイスを最小限にしておいたほうが良い
Windows8が起動しない場合は思い切って全USBデバイスを抜いてみましょう(キーボード/マウスも含む)

私の場合は最初に使っていたキーボードが原因で起動しないという問題が発生、
その場合でも起動した後に挿せば一応使えてはいました。
最終的には買い換えて問題なく起動できる状態に。

USBデバイスで問題があった場合はBIOS設定で回避できることもある、
それでもだめな場合は諦めてBIOSモードでインストールしなおすか原因になっているデバイスを買い換えるしかない。

コメントを残す