Libretto W100で Modern UI(旧名:Metro UI、Windows8 Styleとも言われる)アプリが動作した

ネットブックでよく使われている手法がLibretto W100でも適用可能なことがわかりました。
ただ、今のところ試行錯誤段階で実行できるのは上のスクリーンのみです。

現在わかっている手順
1.regeditで display1_downscalingsupported を探す、 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet にあるのが現在使われているものなので値を 1 に変更する。
2.画面の解像度→詳細設定→モニター内にある このモニターでは表示できないモードを隠す のチェックを外す
3.再起動
4.画面の解像度からではなく、タスクトレイにあるIntelのグラフィックコントロールパネルから解像度設定を行う

画面の解像度から設定を行った場合うまくいきませんでした、上のみ一画面なら設定可能でしたが。
とりあえず、ストアとマインスイーパーが動く事を確認、
IEとかは動かないと思ってスタート画面から消しちゃったんだよなぁ、
アレ復活させる方法がわからない・・・IE以外はストアにあるんだが、
アプリの追加と削除でIE入れなおしてもModernUI版のIEは復活しなかったし。

“Libretto W100で Modern UI(旧名:Metro UI、Windows8 Styleとも言われる)アプリが動作した” への 1 件のフィードバック

コメントを残す