富士通がアジア太平洋地域でSSDの販売を開始するようです

Fujitsu launches retail SSD’s in APAC(vr-zone)

コントローラーはSandforce SF-2281、MLC NANDはマイクロンのものを使用しているようです、
スペック的には
550MB/s or 55,000 IOPS and write speeds of up to 520MB/s (500MB/s for the 120GB model) or 40,000 IOPS
となっていますがSFコントローラーなので0Fillじゃない場合の書き込み性能がどれくらいなのかが気になるところです。
価格は1ドル80円換算だと120GBでUSD200、16,000円、240GBでUSD420、33600円、
これよりは少し高くなるのかな、PCパーツは為替よりも高めに設定されていることが多いので・・・
ほかメーカーに比べるとちょっと高めの価格設定のような気もします。

コメントを残す