Crucial M4の修正版ファームウェア

Firmware Updates(Crucial公式)

この前言われていた長時間起動時にBSODが発生する問題を解決したファームウェアが公開されています。
5184時間以上使用していた場合に起こる問題でこのファームの適用がかなり強く推奨されています。

ただし、SAS Expanderを使用している場合は後日対応ファームが出るようなので適応は見送った方がいいようです。

うちのは4363時間と3744時間なのでまだ少し猶予はありますが、
今日中にやっておきたいところだな、時間取れるかな・・・

追記:
とりあえずアップデート完了、以下手順
UNetbootin(公式)
を使用してアップデーターのisoイメージをUSBメモリに書き込み。
USBメモリは“FAT32”でフォーマットしておく事、
最初exFATになっていて起動できなかったので一応。
後はUSBブートして上から二番目のdefault、なぜか上のは起動できなかった。
表示内容に問題が無ければ yes を入力し Enter。
しばらく待つ・・・
A:/> が出てきたら完了なので適当にリセット、
で糸冬 了…_φ(゚∀゚ )アヒャ

linuxの場合は
smartctl -a /dev/sda
とかして Firmware Version が 0309 になっていれば成功です。
今まで特に問題なかったので買った時の 0002 そのまま使ってたんだよなぁ、
いつかアップデートしようとは思っていたんだけど。
さすがに今回はやばい問題なのですぐに適用した。

コメントを残す